今さら聞けない!結婚式の定番マナー

女性はそれなりに衣装に気を配る

結婚式にはいろいろな人が呼ばれます。まず親族がいて、仕事をしているなら仕事関係の人たちが呼ばれます。それ以外に友人などが呼ばれるかもしれません。同年代の人たちが多くなるので、新婦側の友人なら若くて華やかな印象を持った人たちが出席するかもしれません。この時に気をつけたいマナーとして、着てくる洋服、衣装があります。ます結婚式の主役は花嫁で、花嫁の衣装は白いウェディングドレスになります。ですから白いドレスは良くありません。デザインが地味でも真っ白いものは避けます。肌の露出が多すぎるもの、個性的すぎるものも目立ってしまってよくありません。一方それなりに華やかさが求められます。色目の多い着物を着てきてほしいといわれるケースはあります。

靴やカバンなどで気を付ける点

結婚式では新郎新婦が主役です。でも新郎新婦に近い人が参列するので、いろいろとコミュニケーションを取りたいと考える人もいます。新婦側の友人であれば、新郎の友人と話ができればと思っている人もいるかもしれません。となると多少目立とうとする考えも出てきます。あまり最新のファッションを取り入れすぎるとマナー違反になる可能性があります。靴ではオープントゥであったりブーツスタイルは良くないとされています。ブーツは最近人気があるのでつい合わせてしまいがちですが、通常はヒールのあるパンプスとされています。結婚式の持ち物として皮革製品は良くないとされます。動物を使ったものは殺生をイメージさせるためです。素材に気を付けるようにしましょう。