結婚式でのブライズメイドの役割とは?

本来の役割とは違ってきている面も

最近は映画などの影響で、国内の人前式でもブライズメイドが登場することが多くなりました。伝統的なものから流行のものまで、海外のブライダル文化がどんどん入ってきていますが、ブライズメイドも海外では定番中の定番です。日本で行われる場合は、花嫁の知人の未婚女性たちがお揃いのカラードレスと、花嫁のブーケと対になっているリストブーケを身につける演出という意味合いが強くなっています。本来の意味を忠実に守らないといけないというわけではありません。でも、せっかくブライズメイドを頼むのですから、花嫁の付添人としての役割などをきちんと理解してから取り入れた方がいいでしょう。ブライズメイドは結婚式で花嫁の様々なサポートをする重要な存在です。

挙式などで重要な役目を持っている

それでは、ブライズメイドは結婚式で付添人としてどのような仕事をするのでしょうか。まずウエディングドレス姿なので、普段よりも自由に動きにくい花嫁の補助を行います。新郎新婦の入場の時にも花嫁の前にブライズメイドが入場して待機しましょう。ブライズメイドになった女性たちは、ドレスの裾の乱れをキレイに整えたり、指輪交換の儀式を行う時に花嫁の持っているブーケ等を預かるなど、華やかなだけではなく想像以上に忙しい役割です。マリッジブルーに陥りがちな花嫁の精神的なケアをしたり、結婚式のプランを練る際に協力することもあります。挙式以外だと、女性だけで行われるブライダルシャワーの企画を成功させることもブライズメイドの役割です。

東京には数多くの結婚式場があります。結婚を考えている方は、東京の結婚式場で探せば式場に困ることはありません