ゲストがもらって困るプチギフトとは?

使い道に困る!名前、顔写真入りギフト

結婚式や二次会で感謝の気持ちを込めてゲストに渡すプチギフト。その日の記念になるような物にしようと張り切って考えますよね。しかし、正直もらって困る物もたくさんあります。その中でもゲストの中で一番と言っていいほど困るという声が多いのが、新郎新婦の名前や顔写真が入ったプチギフトです。例えば、顔写真入りのお皿・マグカップなどです。普段の生活では使い道がなかったり飾っておくのも部屋のインテリアやスペースの問題で不可能だったり。かと言って処分するのも申し訳ない気持ちになるというのがゲスト側の本音です。また、新郎新婦のイニシャルが彫ってあるスプーンなども上記と同じような理由で、プチギフトとしては不人気のようです。

好みが分かれる!香り物ギフト

アロマやキャンドルやボディケア用品など、一見すると人気でゲスト側も喜ぶだろうと考えられる香り物のプチギフト。しかし、意外にこれらのプチギフトをもらって困った経験のある人も多いのです。まず、香りの好みはかなりの個人差がありますよね。自分では良い香りだと思っても相手には不快な香りということもあります。そのためせっかくプチギフトとしてもらっても、気に入らない香りだと使い道がなく人にあげたりするゲストも多いのが実際の所です。そして、特に男性には香り物のギフトは不評なようです。アロマやキャンドルなどはもともとあまり興味がない人も多く置物になってしまい、また匂いがあるボディケア用品を好まない男性も多いからです。
ゲスト側の気持ちになって好みが分かれないようなものを選ぶと良いですね。